Procreate® ハンドブック

Apple Pencil

Apple Pencil の感度、スピード、精度で Procreate のポテンシャルをフル活用。

Apple Pencil を使う

Apple Pencil の筆圧や傾きに反応する、設定可能なブラシを紹介します。

設定

描くだけ。

Apple Pencil を Procreate に接続する必要はありません。Apple Pencil を iPad とペアリングして Procreate を開けば、すぐに描き始めることができます。

Procreate のブラシは元々、Apple Pencil の筆圧とティルトに反応するように最適化されています。Apple Pencil に対するブラシの反応を幅広く自在にカスタマイズできますが、そのまま使うことも可能です。

プロパティ

Apple Pencil は筆圧や傾きの極めて小さな変化も逃しません。

このフィードバックが Procreate のブラシの反応を決めます。たとえば、ブラシサイズを Apple Pencil の筆圧に対応付けると、強く押しつけることでストロークの幅が太くなります。ブラシの傾きを不透明度に対応付けることもできます。この場合、ブラシを立てると線が濃くなり、寝かせていくにつれて徐々に薄くなります。そのほかにも、数限りない設定の可能性があります。散布の度合いと傾きを対応付けたり、カラーの変化を筆圧に対応付けたりすることができます。Apple Pencil からの入力に応じて 2 種類のブラシテクスチャ間でモーフィングすることさえ可能です。

このように、Procreate のブラシと Apple Pencil を組み合わせれば、極めてユニークな効果が得られます。カスタマイズ可能な数百の設定をすべてコントロールできます。

Apple Pencil と Procreate のブラシを連動させる方法の詳細については、「ブラシスタジオの設定」を参照してください。

ダブルタップのショートカット

第 2 世代 Apple Pencil の側面をダブルタップすると、ツールを切り換えたり、お気に入りの機能を呼び出したりすることができます。

このカスタマイズ可能なショートカットにより、お気に入りの機能を指先一本で呼び出せます。iOS の “設定” の “Apple Pencil” セクションでデフォルトのショートカットを変更します。または、Procreate の「ジェスチャコントロール」でカスタマイズ可能なオプションを選択します。

iOS の “設定” で使用できるショートカットは、次のとおりです。

  • 現在使用中のツールと消しゴムの切り換え (デフォルト)
  • 現在使用中のツールと前回使用したツールの切り換え
  • カラーパレットを表示
  • オフ

Procreate の “ジェスチャコントロール” で使用できるショートカットは、次のとおりです。

  • 描画アシストのオン / オフ
  • スポイトの表示
  • QuickShape の起動
  • QuickMenu の表示
  • フルスクリーンの切り換え
  • レイヤーを消去
  • “コピー & ペースト” メニューの表示

この機能を無効にするには、iOS の “設定” で “オフ” をタップします。

筆圧の感度

描き方に合わせて Apple Pencil の筆圧の感度を調整します。

Apple Pencil は、極めて幅広いダイナミックレンジを備えています。これは、100% の筆圧または不透明度に到達するには、とても強い力を加えなければならないことを意味します。軽いタッチで描くユーザは、デフォルト設定のままでは Apple Pencil が備える感度の範囲全体を活用できない可能性があります。

Procreate のカスタマイズ可能な “筆圧の感度” を使うと、Apple Pencil やスタイラスの使い心地を調整できます。お好みの筆圧感度を設定すれば Apple Pencil の性能を存分に発揮できます。

筆圧の感度 の調整方法についてご確認ください。を参照してください。

スクリブル機能の統合

Procreate に Apple Pencil の “スクリブル” 機能が統合されました。

iPadOS 14 で Apple Pencil を使った “スクリブル” が導入されましたが、Procreate にはこの機能が完全統合されています。

この機能により、Apple Pencil でテキストフィールドや数値フィールドに情報を書き込んで入力できるようになりました。 レイヤー名の入力、ブラシスタジオのパーセンテージや数値の入力、“テキストを追加” での文字入力などに使用できます。

“スクリブル” 機能で利用できるジェスチャはすべて Procreate でも使用できます。たとえば、円で囲んで選択したり、こすって削除したりすることができます。

“スクリブル” を使用するには、iPadOS 14 以上と Apple Pencil が必要です。

プロの技

キーボード要らずの “スクリブル” を活用してワークフローをスピードアップしましょう。